イタリアの古都、フィレンツェ。中世の街並みがそのままに残る世界遺産のこの都市は、ルネッサンス発祥の地、メディチ家の栄華を伝える街としても知られています。その市街の一角に、世界最古の薬局として800年もの歴史を誇るサンタ・マリア・ノヴェッラは当時の面影そのままに佇んでいます。歴史あるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を運営するカトリックでも最も古い修道会のひとつ、ドミニコ修道会の教義、癒しの実践として生まれたサンタ・マリア・ノヴェッラのプロダクトは、創業当初の教えを頑なに守り続けています。
「香りの芸術」と称されるフレグランス、伝統のレシピで作り続けられる「癒しの芸術品」。その多くは、ヨーロッパの歴史とともに歩み、メディチ家、ナポレオン、王侯貴族たち…現代でも多くの作家、俳優など著名人に愛されてきました。フィレンツェという街が持つ芸術的な空気、歴史、文化、そのすべてを癒しの思想と共に封じ込めたサンタ・マリア・ノヴェッラ。癒しに満ちた高貴な香りをご堪能いただき、“フィレンツェ・スタイル”の豊かな時間を日々の中でお愉しみいただけることこそサンタ・マリア・ノヴェッラの願いであり誇りです。
癒しの思想 ドミニコ修道士の“癒し”の思想が起源です
香りの歴史 香りの歴史はフィレンツェから始まった
フィレンツェ本店 フィレンツェ文化の歴史を語る。「サンタ・マリア・ノヴェッラ・フィレンツェ本店」
製品へのこだわり サンタ・マリア・ノヴェッラの製品へのこだわり